バディ

2012年9月22日 (土)

3年

  私たちのファーストドックBuddy。
  虹の橋へ旅立ってから、早いもので3年の月日が流れてしまいました。
  先月、ベルナルドがそっちへ行っちゃったけど、また一緒に楽しくやってるかい?
Img_2314

 夜になると、この部屋のこの台の上に乗って、外の様子をうかがってたね。Aut_7840  私たちの留守中は、お隣の奥さんの詩吟に合わせて声を出していたよって
 お向かいの奥さんが言ってたね。きっとこの台の上に乗って、一緒に詠っていたんだね。

 

 ソファーに座っていると、よくこうやってあごを乗せて甘えてきたバディ。
 懐かしいなぁ。Aut_7932
  クリスマスにはトナカイのコスプレ。Img_3403

 朝早い山で、毎日遊んだね。 Img_4825
 

 雪を食べながら走ったり、ベルナルドとバトルしたり。Img_5544   いろいろな姿が走馬灯のように蘇る。

 

  3年前とは違って、今日はちょっとにぎやかでしたが…
  バディちゃんが旅立って逝ったあの場所にお花を置いてきました。
  何も知らないビゴ。
  ひたすらお花の匂いを嗅いでいました。Img_6369
 何となく、記憶の中にバディがいるかな?Img_6371
 3年で、我が家のわんこ達は、すっかり小さくなってしまいましたが、
 (世間様から見ると大きいらしいですが…)
 大きくって、頼りがいがあって、お転婆で…けど優しかったバディのこと忘れないからね。
 バディ、たくさんの想い出ありがとう。


2011年11月28日 (月)

思い出

 昨日、ベルナルドの昔のカッパの残り布でビゴのカッパを作ったら、
 懐かしくなって探してしまった過去の写真。
 市販のカッパもいろいろ買いましたが、
 XLでもパッツンパッツン(特にベルナルド)で、脱ぎ着が大変weep
 旅の時、車の中で干すのにガサバるannoyと言う事で、
 それなら自分でshineと思って作り始めたかっぱ。

 手作りカッパ第1号sign03バディちゃん用。ギンガムチェック。
Img_1624
 お気に入りの柄でしたが、これ以来コーティングされたギンガムチェックを
 見かけたことがありませんcrying
Img_2043
 ベルナルド用、ギンガムチェック青。色違い。
Img_1914

 2号、水玉ピンク。ベルトを太くして、帽子とまでは行かないけれど、
 ひさしのような頭の部分を付けてみましたが、小さくて襟sign02のようになってしまった。
Img_3045
 みぞれの日でも大活躍happy01
Img_3243
 ベルナルド、水玉水色。
Img_1119  この時の残り布が昨日、ビゴちゃん用になりました。

 あ~あ、懐かしい。
Img_3234

 

 懐かしいついでに、バディ・ベロ1号車
 Img_3800  これに乗っていろいろな所、放浪したね。
 ちょっと狭かったけど、懐かしい思い出。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2010年9月22日 (水)

命日

Img_1184
         バディちゃんが旅立ってちょうど1年。


         今日が命日。

         元気で、おてんば娘だったバディ。
         雪を食べながら走り回ってたね。
Img_0936
         抱き枕にもなってくれて、よく一緒に寝たね。
Img_1254
         手術が終わって帰ってきて、3人で撮った写真。
         アリーはまだ小さいね。
Img_1751
         大好きな山の公園。
         この頃はもう下まで降りれなくなっていたけど、
         こうして景色を眺めながら、
         ベルナルドとアリーが戻ってくるのを
         待っててくれたね。
Img_2317              
         まだここにいたいなぁ~っておねだり?
Img_2320

 

         最後の瞬間まで側にいたベルナルド。

         小さな花束を通して、バディと会話してるのかな?
Img_5028              
         バディさんもこうして景色見てるの好きだったよね。

         僕は、アリーがママとお散歩に行くと

         「おいてけぼりにするなぁ~!」って時々?!吠える。

Img_5025   
         バディちゃん、たくさんの思い出ありがとう。
         ベルナルドのこと、まだ連れて行かないでね。

 

2009年10月22日 (木)

月命日

バディが旅立って1ヶ月。
今でも鮮明に蘇ってくるあの時。
何か言いたそうにしていたあの顔。
腕の中で旅立ちを迎えたあの瞬間。
1ヶ月たっても忘れられないあの日。

バディにまたあえる日はもう来ないけど、
バディに会えて良かった。
Img_2285 Img_2286





バディちゃんがいなくなってから…(ρ_;)
もともと甘えん坊だったベルナルドは…
よりいっそう甘えん坊の寂しがりやになっちゃって…(;ω;)
ママの姿が見えないと、ママのベットの上で寝て寂しさに耐えている???
ベットで寝ているベルナルドを見つけて、ママが添い寝をすると…
これまた独占欲の強いアリーさんが寄ってきて、
「アタチも入れて!」とばかり、無理やりベットの上に乗ってきて、
一緒にスヤスヤΣ( ̄ロ ̄lll)
Img_2423 Img_2418










食事中もママの真後ろでひたすら食べ終わるのを待っている┐(´-`)┌
しかしその実態は・・・
ただ単に「早くご飯下さい」と無言の圧力をかけられているだけかも?!
Img_2427

2009年10月 5日 (月)

14日

毎日の忙しさの中で、日々が流れるように過ぎていく。
バディが旅立って14日目。
初七日の時に置いた花。
Img_2387 次の日の朝と夕方もあったけど、
Img_2384



3日目にはなくなっていた。

調子が良かった時、ベルナルドがいつも寝ているお気に入りの場所に行きたがっていたのに、時々通せんぼして困らせてたバディ。
Img_1985







とっても懐かしい。

Img_2415 Img_2416 仲間達にいただいた沢山のお花。
花に囲まれているバディの写真を見ていると、先に旅立ってしまった仲間達と、今頃虹の橋で再会して走り回っているのかな?と思う・・・と言うより思えるようになってきた。

・・・と言うのもバーナードと暮らしていた先輩が、バディにお花を贈って来てくれた時、”きっと虹の橋で先に旅立った仲間と楽しく走り回っていることと思います…”という言葉も書き添えてくれたから。
あの時もっと強く抱きしめていたら・・・とか、本当にあの時何もできなかったんだろうか・・・とか、未だに考えてしまう今日この頃ですが…虹の橋でみんなと走り回っているよね。

ちょっと気分を変えて・・・

秋が深まり、北きつね&鹿が公園に出没することが増え、匂いや鳴き声が聞こえてくるので、どの辺にいるのかアンテナを張り巡らせ、遠くを見つめるベルナルドとアリー。
Img_2398 Img_2405 最近特に甘えん坊になったベルナルドは、暑くもないのにハーハー、ダラダラ…ゴロゴロ(お散歩がなかなか進まない…)
そんなベルナルドの涎を水分にして補給するアリー
そういえば、「この子達仲良しなんですね、涎をちゃんと舐めて取ってあげているんですね・・・」と言われたことがあったよなぁ~。(^-^;
Img_2406








昨日秋田犬の展覧会に行った所(o^-^o)
うちではいつまでたってもおチビのアリー、しかし…
秋田犬の中では、密かにおデブのアリーだった…Σ( ̄ロ ̄lll)
知らない人にまで「えさ、食べさせすぎ!」と言われてしまった。(;;;´Д`)ゝ
今日からごはんを100g減らして、ダイエット、ダイエット(ρ_;)

2009年9月28日 (月)

7日目

バディちゃんが旅立ってから7日たちました。
ふとした時によみがえってくる旅立ちの瞬間。
何かできたんじゃないか?
「バディ」って呼んだら、のそっ~と何処からか出てきてくれるような感じ、
リビングを見渡せる場所で闘病していたから、そこがそのままバディの場所。
声をかけても写真の中のバディがカメラ目線で微笑んでいるだけ。
もう7日、まだ7日。
Img_2314 Img_2377





ベルナルドは旅立ちの瞬間から、家に帰るまでの車の中、家で安置していた時、火葬場に行く時。ずっとバディの側にいた。
お出かけするのに「頼むね」って言ったら、玄関には来たことがなかったベルナルドが、バディが火葬場へ行く時、無理やり玄関から外に飛び出して、自力で車に乗り込んできた。
僕は離れないよ…って思っていたのかな?
ベルナルドが家に来てからずっとバディがいて、離れたことがなかったから、
バディの姿が見えなくなって、元気がない毎日。
ベルナルドも寂しいんだろうね。
時々バディの骨を置いてある場所に来てじーっと見ていたり、花の匂いを嗅いでみたり。
Img_2372 Img_2365





バディちゃんがいない事、頭では判っているけど、受け入れたくない、事実を受け入れられない、という思いが強い毎日で、残念だったね…という話を聞きたくない。バディちゃんの話をしたくない。
1日に何度も、フとした瞬間に大きなため息が出てしまう毎日。
こんな日が来ることを覚悟はしていたけど、あまりにも突然、あっという間に旅立ってしまうなんて、悪い夢を見ているようだ。





2009年9月22日 (火)

お別れ

4ヶ月の頃からほとんど毎日朝晩通った山の公園。
5月に断脚してからこの坂を下りることはめったになかったけど、
それでも夕方のお散歩は毎日楽しみにしてて、こうやって夕暮れの公園をじっと見ていたね。
Img_2317_2 Img_2320





30分も40分もこうしていたから、ベルナルドとアリーのお散歩になかなか行けなくて、いつも待たせていたよね。
「車に乗ろうよ」と言っても
「もう少し~」と言っているかのように甘えていたバディ。
Img_2338_2 Img_2337





今朝もいつものようにベストを着て、スタスタ自分から車に乗り込んで行ったバディ。
山に着いて、うんちょすをして、ドスッ!と座り込んで、スーッと寝込んでちょっと顔を持ち上げ、何か言いたそうにじっと顔を見つめてきて、ちょっとの間目が合った。
いつもと変わらない行動だったのに、お尻を拭こうとしっぽを持ったら、タラ~ッと失禁。
「あら、珍しいね・・・今拭くね」
拭いた後に体をずらすとクタッ~とバディの身体から力が抜けていた。
「?」
「バディ?!」
何度呼んでも身体に力が戻ってくることはなく・・・
大好きだった山の公園で、9月22日、午前7:10虹の橋へ旅立ってしまった。

Img_2344 Img_2343






8歳9ヶ月。
5月に骨肉腫のため、右前脚断脚。
「肺には見た限りでは転移は見られないけど・・・1年もつかもたないか・・・」と言われていたのに、たった4ヶ月で逝ってしまいました。
夏位から食欲が落ち始めてきて、甥っ子達にご飯を食べさせてもらって嬉しそうにしていたバディ
Img_2141






最後の食べ物は大好きな神戸のお兄ちゃんからいただいたクッキーだったね。
Img_2308 最近ご飯はちっとも食べなくて、クッキーと一緒に薬を食べていたね。
昨日の夜もクッキーと一緒にお薬食べて、「もうおしまい、また明日食べようね」って言ったのに、食べないで逝っちゃったんだね。



あまりにもあっけないお別れ…





 

2009年7月12日 (日)

ひさしぶり

久しぶりのブログ。
Img_1751




この1ヶ月で体調も良くなり、歩くのも早くなって、ママもビックリΣ( ̄ロ ̄lll)
特に速くなる時は、他のワンコを見つけた時!
それから、久しぶりにお気に入りのソファーの上にも登れるようになった。
Img_1839 Img_1849 逆向きでものってみたけど、今一だったからすぐ降りちゃったけど…日常生活の中で、特に支障なく動けるようになりました(o^-^o)。




キャンピングカーに乗れる?過ごせる?!と言うお試しのため、1泊で小樽へお出かけ。ママたちFCI(ドックショー)見学と言う目的もあったようだけど…
Img_2013_2 いっちょまえに、アリーまで前に出てきて、「ここどこ?」「着いたの?」と前を見る。おかげで、ギューギューで狭い!(`ε´)



Img_2021 小樽でお世話になっている、色内湾岸公園の駐車場の前で、朝の美味しい空気を満喫。




Img_1999 けどやっぱり、ホームの公園の方がくつろげる私達。

2009年6月 2日 (火)

山へ

夕方のお散歩は絶対においてけぼりにならないわっ!
…という思いが強いバディ。退院3日目(6月1日)にして、ベルナルドやアリーがお散歩に行く気配を感じて自力で立って、必死に玄関まで歩いて来た。
バディだけお留守番ね。なんて、かわいそうなことはできなくて、たとえ短時間でも山の空気が吸えるのは、バディにとっていい気分転換にもなるので、いつものようにみんなで出発!
Img_1533 Img_1536



車から降りてしっこ&うんちょすをするために自力で歩いて、上手にすることができました。
その後、しばらく座り込んで、久しぶりに来た山の空気を満喫。車の側をほんの少し動いただけだったけど、8年間続けてきたことだから、譲れない行動なんだろうね。
草の匂いをかいだり、景色を見たり満足そうにしている姿がまたたまらなくいとおしい。
Img_1542 Img_1550 ベルナルドもお付き合いして座り込む。(^-^;



Img_1552 さあ、僕はそろそろ動くかぁ(*^-^)





そして今朝は、3本足に慣れてきたようで、昨日よりも自力で動くのが上手になってて、庭でほんの少し動き回ることができた。
Img_1565 Img_1567 Img_1570 仕事から帰ると、ベルナルドは玄関の前で寝ているから顔を上げるだけで「おかえり~o(*^▽^*)o」の挨拶ができるけど、バディは、わざわざ歩いて来てお帰りの挨拶をしに来てくれていとおしさ倍増。(アリーはケージの中に入っているので、来たくてもこれないヽ(*≧ε≦*)φ)



夜の食事は、なんと立って食べることができて、つくづく犬の適応力の凄さを改めて実感。

Img_1572


さあ、この調子でスタスタ歩けるようになって、夏はまたみんなで放浪の旅に出かけようね(*^ω^*)ノ彡

2009年6月 1日 (月)

退院

金曜日に無事退院。
月曜日に緊急入院、火曜日右前足断脚手術。それから4泊5日の入院。
入院中、ご飯食べてるかな?痛くて、寂しくてつらい思いしてるんだろうな、歯磨き、耳掃除(毎日夜ご飯の後)、白内障の目薬、グルコサミン持って行ってないからなぁ~などなど心配ごとは尽きることなく…
迎えに行って対面した瞬間、「私、頑張ったよ!」と言いたげに、ニッコリとした表情で、本当によく頑張ったことがわかりました。

帰宅した日、3本足にまだ慣れていないバディは、支えてあげないと立てない、動けない状態で、それでもしっこ・うんちょすをギリギリまで我慢して、動けないながらも必死に隣のトイレスペースへ移動してしてくれます。家にトイレを置いて、そこでもできるようにしておいて良かった!
なんとなく、3頭近くによって寝ていました。
Img_1514 Img_1519 Img_1520





昨日(土曜日)もまだ支えてあげたり、起きる時にちょっと手伝ってあげないと立てない、動けない状態だったのに、ベルナルドとアリーがお散歩へ行く準備に取り掛かると、私も行く!と言わんばかりに「キュンキュン」鳴いたり、必死に立とうとしてほんの少し家の外に出てみました。ちょっと動いては座り込み・・・の繰り返しだったけど、バディなりに満足して、家の中に戻ってきました。いい気分転換になったかな?
Img_1526






今日は、だいぶん慣れてきたようで、昨日よりしっかり立てるようになり、やっぱりベルナルド、アリーがお散歩へ行く気配を感じると、自分で必死に立ち上がり、玄関の方へ自力で歩いていました。バディ、この調子で少しずつ歩いて、夏にはまたみんなで放浪の旅に行こうね(o^-^o)
バディのために、前足を持ち上げて立っていられやすいように介護グッズを作ってみました。Img_1533
Img_1536 1枚目なので、改良点がけっこうあり・・・明日から1日1枚のペースで、改良をしながら、何枚か作ろうと思います。




外出中、我が家の小悪魔、悪戯大好きアリーが何をしでかすかわからないので、ついにケージをゲット。
入ったばかりの時はしばし、ぼーぜん(゚0゚)
Img_1510 Img_1512 「あの~出していただけないんでしょうか?」



3・4日経つとすっかり慣れて、くつろげるようになりましたヽ(´▽`)/
Img_1531 Img_1529 どんなものかわからず、特大を買ってみましたが、ちょっとデカイ!パパ曰く「うちで専用の部屋を持っているのはアリーだけだよ」( ̄▽ ̄)


より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村